看護師国家試験合格率から見えること

看護師国家試験合格率から見えること

看護師は看護学校や医学部を卒業して国家試験に合格した人がなれる特別な職業です。
国家資格の一つですから安定性は格段に高いと言われています。
そもそも看護という世界は景気には左右されにくいいわば公務員のような世界ですから給料面でも就職先の安定性に関しても抜群に高いと言われています。
更には再就職も比較的門戸が広く、育児休暇を開けてから再び看護師の世界に戻る人も多数います。

それくらい恵まれている環境ですから国家資格の合格率も低いのではないかと思われるかもしれませんが、看護師の国家試験の合格率は90%くらいです。
国が毎年出しているのですが多少変化している年もありますか、全体を通して安定して高い合格率を出しています。
これだけ見ると不思議に映るかもしれませんが実際に国家試験が簡単というわけではありません。

看護師国家試験合格率は高いが・・・

そもそも単純に合格率90%ならば国家試験などせずに教員免許のように卒業と同時に交付することもできます。
しかし、扱う分野が医療ですからそう簡単にはいきません。
基礎看護学から成人看護学、小児看護学、さらに人体に関することや薬に関する知識も必要です。
何よりも人の命にかかわることですから一つ一つの知識の重さが学校の先生とは違うのです。

ですから看護師の国家試験は知識を確認する最後の難関だということが出来ます。
ここを合格すること自体は今まできちんと勉強してきたという証明となります。
そして国家試験はあくまでスタート地点ですから看護学校や大学は大事な助走距離ということになります。

知識は幅広く詰め込みだけではクリアできない内容になっていますから3年間きちんと授業を聞いてその都度復習をしている人のみが国家試験に合格できるとも言えます。

とはいっても90%の合格率ですからいくら大変な知識であってもよほどのことがないと落とすことがないということも分かります。
ですから、そこまで気構える必要もなく、日々の勉強をきちんと積み重ねていれば看護師資格は手に入ると考えても問題ないとも言えます。